fukusha のすべての投稿

令和元年度 ボウリング大会

開催日時 令和元年11月9日(土) 15時30分より
開催場所 ボウリング大会
ディノスボウルノルベサ(札幌市中央区南3条西5丁目 NORBESA)
懇親会・表彰式
北の味 北海しゃぶしゃぶ(札幌市中央区南4条西4丁目)

当組合の福利厚生事業として恒例のボウリング大会が青年部主催により、19チーム55人が参加し、個人戦及び団体戦が行われました。
大会終了後は、場所を移し、しゃぶしゃぶとビール等を飲みながら談笑後、各賞の表彰が行われました。

個人戦  優 勝 竹井賢二 (桜井)
     準優勝 類家 亮 (アーバンUC)
     3 位 小林 聖 (リコージャパン)

団体戦 優 勝 混合チームC (福島隆幸、竹井賢二、谷藤輝康)
準優勝 リコージャパン (須藤正行、小林 聖、中島哲也)
3 位 アーバンUC (高橋智帆、廣瀬綾子、鈴木勝斗)

司会(植松青年部 厚生委員)
開会 谷藤厚生副委員長挨拶
大会 風景
大会 風景
大会 風景
大会 風景
懇親会 風景
懇親会 風景
懇親会 風景
懇親会 風景
表彰 個人・団体優勝者表彰 竹井賢二(桜井)

令和元年度「アウトドア交流会」の開催

9月7日(土)13:00より札幌市中央区の「ばんけい苑」において令和元年度の「アウトドア交流会」を開催しました。

当組合の厚生事業の一環として、組合員及び家族、複寿会会員、賛助会員の親睦や情報交換はもとより、会員相互のコミュニケーションを図るべく、初の試みとなる家族参加型のアウトドア交流会として、バーベキューを開催しました。

当初の申し込みでは、10名も満たなかったのが結果としては14社(大人32名、子供6名)、複寿会会員4名、賛助会員2名、事務局3名の併せて47名の参加により、大盛況のうちに終了しました。

谷藤厚生副委員長挨拶
懇親会風景
懇親会風景
懇親会風景

令和元年度「ビアパーティー」の開催

7月26日(金)18:00より札幌市中央区の「京王プラザホテル札幌」において、厚生事業の一環として毎年恒例となっている「ビアパーティー」が組合員(社員含む。)及び賛助会員並びに複寿会員の併せて91名の参加により盛大に開催された。

青年部の植松厚生委員長((株)ギニオン)の司会により開会を宣し、柏倉厚生委員長より開会挨拶に始まり、8月16日付けで事務局長に就任する和泉光康氏の紹介後、賛助会員であるリコージャパン (株) 北海道支社 支社長 小野雅史氏の乾杯で宴に入る。    

毎年恒例となっている「ビンゴ大会」が行われ、会場内は大いに盛り上がった。最後にキヤノンマーケティングジャパン (株) PPS企画本部担当本部長 山崎研治氏の締めにより、盛会のうちに終了した。

司会者 植松青年部厚生委員長
柏倉厚生委員長 挨拶
新事務局長 挨拶
乾杯 リコージャパン(株)
北海道支社支社長 小野雅史氏
懇親会風景
懇親会風景
ビンゴ大会
ビンゴ大会
締め キヤノンマーケティングジャパン(株)PPS企画本部担当本部長
山崎研治氏

令和元年度 通常総会・懇親会

開催日時 令和元年5月30日(木) 15:30より
開催場所 札幌市中央区北2条西1丁目 ニューオータニイン札幌

令和元年度通常総会が組合員26名の出席により開催されました。
 榊原宏洋理事長の挨拶に始まり、株式会社ベネフィット 藤岡 剛理事を議長に選出し、議案審議に入り、第1号議案から第6号議案のすべて原案どおり可決されました。
 この後、17時30分より同ホテルにおいて賛助会員等を含めた36名が参加し懇親会が開催され、盛況のうちに終了しました。

榊原理事長挨拶

総会全景
議長選出 藤岡理事
懇親会風景
懇親会風景
お楽しみ抽選会

新年交歓会の開催について

新年を迎え情報創造事業協同組合(理事長:榊原宏洋)は、1月25日(金)札幌市内のホテルニューオータニイン札幌において、新年交歓会を午後6時00分から組合員18名のほか来賓、賛助会員、複寿会員、合わせて44名が出席し盛況に開催されました。

 新年交歓会は榊原宏洋理事長の挨拶に始まり、来賓の北海道中小企業団体中央会 福迫均専務理事の祝辞に引き続き、リコージャパン(株) 小野雅史北海道支社長の乾杯により祝宴に入り和やかに進む中、恒例のお楽しみ抽選会が行われ大変盛り上がりました。

最後にキヤノンマーケティングジャパン(株)神崎猛PPS企画本部担当本部長の三本締めにより、盛況のうちに終了しました。

榊原宏洋理事長挨拶
福迫均北海道中小企業団体中央会専務理事祝辞
小野雅史リコージャパン(株) 北海道支社長乾杯
宴会風景
お楽しみ抽選会
神崎猛キヤノンマーケティングジャパン(株)
PPS企画本部担当本部長の締め

第28回全国大会 北海道大会 式典・懇親会

日本ドキュメントサービス協同組合連合会全国大会・北海道大会(情報創造事業協同組合)は、平成30年10月11日(木)ニューオータニイン札幌にて開催。

今年、「未来につなぐ、みんなでつなぐ2018」、北海道命名150年の節目に、全国各地130名の参加者がこの札幌に集結し、「次世代に繋ぐ」ーその先の、道へ。北海道ーを大会テーマとしてこれからの業界をどのようにして存続させるのか、北海道で考える場として、開催することができました。

式典では、日本ドキュメントサービス協同組合連合会大会ホスト役の森下会長の挨拶。そして大会実行委員長兼情報創造事業協同組合理事長榊原氏より歓迎と大会コンセプトの挨拶。続きまして、北海道経済産業局産業部長中野様、北海道中小企業団体中央会副会長藤枝様、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会理事長高橋様からご祝辞をいただきました。

その後、情報創造事業協同組合そして青年部組織の活動に功績を残し、若くしてご逝去された岩村様に対しまして黙とうをささげ、日本ドキュメントサービス協同組合連合会や業界に対して尽力された情報創造事業協同組合の榊原理事長、山岸、岩村、濱田、柏倉理事、及び近畿ドキュメントサービス協同組合の田中理事の6名に対し業界功労賞が表彰されました。また、業界及び、日本ドキュメントサービス協同組合連合会の発展と功労に尽力いただいた賛助会員、キャノンマーケティングジャパン株式会社の神崎様、富士ゼロックス株式会社の古谷様、リコージャパン株式会社の加藤様へ感謝状の贈呈が行われました。

続きまして、株式会社二十一世紀総合研究所調査部特任審議役、木本晃氏による今大会コンセプトに沿った「『次世代に繋ぐ』北海道だからこその未来への戦略」と題して基調講演が行われました。
講師である木本様は、北海道庁で総合政策部新幹線推進室長、総合政策部航空局長、経済部観光振興監を歴任された経験を活かし、北海道の将来はどんなふうに変化するのか?どう変化させていくのか!聞くものが「わくわく」する大変興味深い考えさせられるお話をお聞かせいただきました。

基調講演終了後、日本DS連が推奨する確定拠出年金について、小川室長や佐々木コンサルタント様より「DCプラン活用術」に関するPR発表がなされ、広く会員の皆様方にご理解いただくために、今年度は日本各地でセミナーを開催し、情報提供をするとの話が発表されました。

休憩をはさみ、本ステージ上で大会のテーマを漢字一文字で書き上げる、本大会のイベントの一つである、札幌在住の女流書道家の石野華鳳氏による書道パフォーマンスとして大会テーマの「繋」を屏風いっぱいに書く圧巻のパフォーマンスが繰り広げられました。

当組合青年部による事例発表は、最初に野田部会長による「情報創造事業協同組合青年部活動の紹介」がなされ、次に「官公需における共同受注の取り組み~現場から見た現状と課題~」と題して、青年部教育情報委員の小谷委員長より発表がなされました。彼らの今後の活躍が楽しみです。
式典終了後、会場を移動し、集合写真撮影し懇親会へ。

懇親会では、賛助会員のキャノンマーケティングジャパン宮前様、富士ゼロックス麻生様、リコージャパン武田様よりご挨拶を頂戴し、日本イメージ情報業連合会井上会長のご発声により懇親会開催となりました。北海道の味覚を存分に食べ尽くす、北海道だべさー、そだねー「懇親会」に入り、北海道胆振東部地震義援金募金を呼びかけ募金者の方には網走刑務所の三眺焼きを贈呈しました。義援金は札幌市に寄付させていただきました。
アトラクションの北海道在住アーティスト「Jumble34」による70年代の懐かし生演奏で楽しい時間はあっという間に過ぎ、全国各地より集結した皆様が『次世代に繋ぐ』ーその先の、道へ。DS連ーというテーマを肴に大いに盛り上がった大会は寺西実行副委員長の締めで盛会に終わりました。ありがとうございました。

平成30年度 通常総会・懇親会

開催日時 平成30年5月30日(水) 15:30より
開催場所 札幌市中央区北2条西1丁目 ニューオータニイン札幌

平成30年度通常総会が組合員28名の出席により開催されました。
榊原宏洋理事長の挨拶に始まり、 株式会社青写真商会 濱田浩二理事を議長に選出し、議案審議に入り、第1号議案から第7号議案のすべて原案どおり可決されました。
なお、第7号議案「任期満了に伴う理事、幹事の改選について」山岸推薦委員より報告され、満場一致で選任されました。
この後、17時30分より同ホテルにおいて賛助会員等を含めた42名が参加し懇親会が開催され、盛況のうちに終了しました。


総会 榊原理事長挨拶


総会全景


新理事挨拶


懇親会風景